お知らせ 比較・評判・口コミ総合ランキングのサイト内の案内です。

 お知らせ

そんぽ24 自動車保険の評判・辛口評価しました!

2013年09月06日

そんぽ24は2000年代になってから設立された比較的新しい保険会社です。現在は日本興亜損保の完全子会社となっています。日本興亜は代理店販売型保険ですので、グループ内では通販系保険を希望するユーザーの受け皿としての位置付けがされています。

 

そんぽ24が販売している保険はリスク細分型の通販型保険料です

保険料の安さでははかなり安く抑えられるはず・・・なんですが・・・

実際のところ、保険料はそこまでの割安感がありません。口コミ等でも保険料の安さに対しての評価が非常に少ないです。他の通販型保険の口コミと比較すれば、その少なさがよくわかると思います。

 

車種・使用目的・走行距離・免許色・運転者範囲・年齢条件等で保険料が算定されます。

 

リスク細分型は自分には難しい、いざという時に不安を感じてしまうという人にも、3種類のセットプランも用意されているので、初心者の人にも入りやすい保険となっています。

 

事故対応は日本興亜損保と連携して行うため、大手損保と同レベルの対応が望めます。しかしながら、日本興亜の事故対応はかなりのばらつきがあるため、万全とは言いがたいですね。

また、そんぽ24は年間事故処理件数が少ないので、そんぽ24自体の事故対応評価としてはまだ未知数ということにはなります。

 

 

全国に約9200ヶ所以上のサービス拠点持っています。同ランクの通販系損保と比較すれば、かなりの規模を有しているといえます。レッカーサービスは指定修理工場でなければ距離が無制限になります。(それ以外だと15kmまで無料)

しかし、サポート拠点数は約150ヵ所と少し少なめですが、現在の企業規模で考えれば平均以上のスペックといえるでしょう。



総評として・・・現在、日本興亜と損保ジャパンが合併に向けて話し合いを進めています。損保ジャパンには「おとなの自動車保険」でおなじみの通販型自動車保険であるセゾン自動車火災が子会社として存在しています。

そうなると今後どのような企業戦略が行われるかで、そんぽ24のあり方も変化してくる恐れがあります。

まだ何も判明していないですが、これからの動向には注意してみていく必要はあるかと思います。

そのせいなのか、数年前までは「ハナコアラ」というキャラを全面に打ち出してCMを流しまくっていました。でも最近はとんとご無沙汰。露出はかなり減っています。
保有契約数も30万件程度ですので、少し伸び悩んでいる感があります。


管理人おすすめの自動車保険比較サイトです

7.jpg

結局一番見積もれる会社で見積もった方が手間もスピードも速いと思います。 メールや郵送で金額が分かるから面倒なセールスもありません。  

 

→最大20社「インズウェブ」はこちら


株式会社INCOME
自動車保険、どこの会社が合っているのか分からないという方!INCOMEで比較・評判・口コミを見て自動車保険の不安や疑問を解消しませんか?ジャンルごとの比較ランキング整理整頓され必要な情報をわかりやすくしております。

ページの先頭へ

株式会社 INCOME