お知らせ 比較・評判・口コミ総合ランキングのサイト内の案内です。

 お知らせ

自動車保険 補償内容の範囲と選び方って?

2017年02月06日

自動車保険の一般的な補償内容の範囲は事故の際の相手への補償と相手への怪我の補償です。

これは自動車保険ですから一般的に基本パターンで付いています。

しかし自分の怪我や車についての補償は基本的に割り増し料金を払い任意で付け加える設定になっている。

自分の怪我も補償してもらいたい場合⇒人身傷害補償

自分の車を補償⇒車両保険

となります。

これが一般的な補償内容になります。

自動車保険補償の選び方は?

自動車保険補償の選び方としてはまずは基本補償を理解することでしょう。

 

人身傷害補償はつける方が良い

上記でも説明した人身傷害補償は付け加えると言っても付ける人が最近はかなり多い。なぜなら事故にあったとき自分が無傷だなんて補償はないからである。

むしろ車がぶつかっている訳ですから自分が怪我をする確立は高い。

また一番怖いのは一緒に乗っていた友人や家族。これは自分の責任ですから怪我をさせたら補償しなければいけません。

ですから搭乗者傷害は少し高くなりますが付けたほうが良いでしょう。

 

車両保険は車の状態によって

車両保険は車が新品だったり価値のあるものだったりすれば付けるでしょう。自動車保険で車両保険を付けると一気に数万円の割高です。それを計算すれば車に資産価値が数十万円のもので付けるのはもったいないように思えます。

 

搭乗者傷害の補償

搭乗者傷害という補償がありますが人身障害とほぼ同じです。金額の支払い方が異なるだけでまったく似たような商品と言っても良いでしょう。

怪我した場所で金額を設定しているので診断書さえあれば速攻支払ってもらえるという点が人身傷害より良い。ですが人身傷害補償を付けている場合はそこまでお勧めというわけではありませんが。

 

以上が基本パターンで上記で説明した自動車保険補償を選んでいればまずは安心でしょう。その他自動車保険会社によってさまざまな商品が出ていますがあればうれしいというものが多く絶対になければいけないというわけではないでしょう。人それぞれという補償です。


管理人おすすめの自動車保険比較サイトです

7.jpg

結局一番見積もれる会社で見積もった方が手間もスピードも速いと思います。 メールや郵送で金額が分かるから面倒なセールスもありません。  

 

→最大20社「インズウェブ」はこちら


ページの先頭へ

株式会社 INCOME