お知らせ 比較・評判・口コミ総合ランキングのサイト内の案内です。

 お知らせ

トヨタ SAI(サイ)の自動車保険料相場HOWMATCH!

2017年09月13日

トヨタ生まれのSAI(サイ)は、平成11年から発売。セダン型で今や流行りのハイブリッドだけの車です。プリウスだけが有名ですがトヨタでは第2号のハイブリッド専用の車。クラスとしてSAIはプリウスの一番高いクラス(アッパーミドルクラス)になります。またSAIは日本国内専売です。

SAIはトヨタの小型4ドアサルーン・プログレを彷彿とさせます。それもSAIの開発担当のチーフエンジニアはプログレの製品企画を担当しており、SAIはプログレの理念である「小さな高級セダン」を200年代のデザイン手法や技術で復活させた車両になります。

当初はハイブリッド専用モデルにする予定はありませんでしたが、クラウンハイブリッドとプリウスの間のクラスにあたる車両が欲しいということでハイブリッドとなりました。

先に販売されていたレクサスブランドのHSの姉妹車であり、SAIはHSのトヨタ版と思われがちです。しかし企画はSAIの方が早く、SAIがベースで高級版(高価格版)がHSというのが実態という説もあります。

 

トヨタ SAIの自動車保険料相場

平均相場 通販型 代理店型
14,000~130,000 14,000~70,000 55,000~130,000
トヨタ SAIの一般的な保険料例
35歳/ゴールド免許 日常・レジャー/車両保険なし 42,000
38歳/ブルー免許 日常・レジャー/車両保険なし 47,000
40歳/ゴールド免許 日常・レジャー/車両保険あり 53,000
42歳/ゴールド免許 通勤・通学/車両保険あり 65,000
50歳/ゴールド免許 日常・レジャー/車両保険あり 61,000

SAIはハイブリッド専用モデルなので多くの保険会社が設定しているエコカー割引の対象となる可能性が高いです(中古の場合は製造年などで該当しない可能性があります)。エコカー割引対象になると通常よりも1~3%ほど安くなります。

SAIは運転者を限定する割合が他よりも低いです(家族限定約19%、夫婦限定23%、本人限定20%)。社用車など運転手を限定しない場合はこのような割合になることが多く、SAIは個人用の乗用車以外の用途にも使われていることが想定できます。

 

トヨタ SAI(2009モデル)のグレード一覧

グレード順にですので下に行けば行くほどグレードと価格が高くなります

S

・S Cパッケージ

・G

・G ヴィオラ

・G Aパッケージ

SAIの発売されている売値は約330~435万円です。グレードによって機能面や性能に違いはなく、燃費は22.4km/Lです。

SAIの下位モデルであるプリウスのメーカー売値は約250~340万円、クラウンハイブリッドは約440~720万円なので、SAIの価 格はクラウンとプリウスの間に位置することになります。燃費はプリウスが40.8km/Lと圧倒的によく、クラウンは19.0~23.2km/LとSAI とあまり変わらない燃費になっています。


管理人おすすめの自動車保険比較サイトです

7.jpg

結局一番見積もれる会社で見積もった方が手間もスピードも速いと思います。 メールや郵送で金額が分かるから面倒なセールスもありません。  

 

→最大20社「インズウェブ」はこちら


ページの先頭へ

株式会社 INCOME