お知らせ 比較・評判・口コミ総合ランキングのサイト内の案内です。

 お知らせ

トヨタ ランドクルーザーの自動車保険料相場です!

2017年09月06日

トヨタが1954年に販売しているランドクルーザーですが最上位のモデルでクロスカントリー車で、最も名が知られているSUVの一つでしょう。通称「ランクル」と呼ばれ、その耐久性は世界で高い評価を受けています。

ランドクルーザーの開発は陸上自衛隊(当時は警察予備隊)への納入を目的としていました。ジープBJ型として開発され1951年に試作品を作ったものの、入札では実績のあるウィリス・オーバーランド社(当時)のラインセンス生産者である三菱のジープに負けました。

また商標権の都合上ジープという名前を排除し、ランドクルーザーに名を変更しました。当時国際市場でジープと共にトップにいたイギリス・ロー バー社の「ランドローバー」に対抗して命名しています。ランドローバーの「ローバー(ROVER)」には「海賊船」という意味があり、それを捕えるという 意味で巡洋艦という意味をもつ「クルーザー」という名称にしたそうです。

 

トヨタ ランドクルーザーの自動車保険料相場

平均相場 通販型 代理店型
12,000~150,000 12,000~80,000 60,000~150,000
トヨタ ランドクルーザーの一般的な保険料例
35歳/ゴールド免許 日常・レジャー/ 48,000
38歳/ブルー免許 日常・レジャー/ 52,000
40歳/ゴールド免許 日常・レジャー/車両保険あり 77,000
42歳/ゴールド免許 通勤・通学/車両保険あり 82,000
50歳/ゴールド免許 日常・レジャー/車両保険あり 74,000

ランドクルーザーは上級車のため、所有者の平均所得も他の車両に比べて高く、その分保険料も車両保険を充実させる(盗難補償をつけるなど)など比較的高い保険をかけているケースが多いです。

ランドクルーザーは歴史が長いため、中古車だと車両保険対象外になることもあります。また逆に長い歴史の中で映画やドラマで使われるなど人気のシリーズもあり1000万円以上の値段がつく中古車もあるようです(新車価格は約475~690万円)。

ランドクルーザーは他の車両のように保険料の算出も難しくなっています。シリーズによっても大きく異なるので、保険会社の見積もりを取ってきちんと検討しましょう。

 

トヨタ ランドクルーザー(2007年モデル)のグレード一覧

グレード順にですので下に行けば行くほどグレードと価格が高くなります

・GX

・AX

・AX Gセレクション

・ZX

・ZX G‐FRONTIER

グレードの違いによる機能・燃費の差はほとんどありません。ランドクルーザーの燃費は6.7~6.9km/Lです。

ランドクルーザーのメーカー希望販売価格は約475万円~725万円で、燃料は全てハイオクを使用します(燃料タンクは93L)。最下位グレードのGXのみ5人乗りで、他は全て8人乗りになっています。


管理人おすすめの自動車保険比較サイトです

7.jpg

結局一番見積もれる会社で見積もった方が手間もスピードも速いと思います。 メールや郵送で金額が分かるから面倒なセールスもありません。  

 

→最大20社「インズウェブ」はこちら


人気ブログランキングへ

№1自動車保険比較一括サイト!無料で同時に20社見積もれて金額がすぐに分かる!

インズウェブ自動車保険一括見積もり


株式会社INCOME
自動車保険、どこの会社が合っているのか分からないという方!INCOMEで比較・評判・口コミを見て自動車保険の不安や疑問を解消しませんか?ジャンルごとの比較ランキング整理整頓され必要な情報をわかりやすくしております。



人気ブログランキングへ

ページの先頭へ

株式会社 INCOME