お知らせ 比較・評判・口コミ総合ランキングのサイト内の案内です。

 お知らせ

マツダ ロードスターの自動車保険料相場はいくら?

2017年10月01日

マツダでロードスターが製作されたが歴史は意外と浅く平成元年からである。分類はスポーツカーに当たります。はじめはアメリカで発売されており平成元年5月からである。発売当時マツダは5つの系列会社で売り出す体制で、系列会社のユーノス店の第一弾車種であったため「ユーノス・ロードスター」になったのだ。

ロードスターはそjの形から人気が集まり発売初年(1989年)は9,307台を販売、翌年は93,626台を販売する大ヒットとなりました。ロードスターの人気を受けてこの頃に消滅しかけていたライトウェイトスポーツカー市場は活性化し、MG、フィアット、BMW、メルセデス・ベンツなどが中小型オープンカーを続けて発売しました。

2015年から発売されているロードスターは4代目でND系といわれています。初代はNA系、1998年から発売された2代目はNB系、2005年から発売された3代目はNC系と言われています。

2000年には生産累計53万台を突破し、「世界で最も多く生産された2人乗り小型オープンカー」としてギネスブックの認定を受けています。その後、2004年には70万台、2007年には80万台、2011年には90万台を突破し、その都度記録を更新し認定しています。

 

マツダ ロードスターの自動車保険料相場

平均相場 通販型 代理店型
13,500~70,000 13,500~50,000 30,000~70,000
マツダ ロードスターの一般的な保険料例(通販型)
35歳/ゴールド免許 日常・レジャー/車両保険なし 25,000
38歳/ブルー免許 日常・レジャー/車両保険なし 31,000
40歳/ゴールド免許 日常・レジャー/車両保険あり 48,000
42歳/ゴールド免許 通勤・通学/車両保険あり 52,000
50歳/ゴールド免許 日常・レジャー/車両保険あり 55,000

ロードスターの保険加入傾向の特長として次の2つがあげられます。

  • 車両保険の加入率が低い(約6割)
  • 運転者本人限定特約をつけているケースが多い

2人乗りのスポーツカーだからと思われます。これらの傾向から保険料が他の車に比べて安くなっています。

マツダ ロードスター(2015年モデル)のグレード一覧

グレード順にですので下に行けば行くほどグレードと価格が高くなります。  

  • S
  • S Special Package(6MT、6ATあり)
  • S Leather Package(6MT、6ATあり)
  • NR-A
  • PS

新車のロードスターのメーカー希望小売価格は約250~320万円です。トランスミッションにを6MTから6ATに変更することでプラス10万円ほど高くなります。燃料は全てハイオクタイプです(タンクサイズは40L)。燃費は駆動タイプによって異なり、6MTの場合は17.2km/L、6ATの場合は18.6km/Lです。


管理人おすすめの自動車保険比較サイトです

7.jpg

結局一番見積もれる会社で見積もった方が手間もスピードも速いと思います。 メールや郵送で金額が分かるから面倒なセールスもありません。  

 

→最大20社「インズウェブ」はこちら


ページの先頭へ

株式会社 INCOME