お知らせ 比較・評判・口コミ総合ランキングのサイト内の案内です。

 お知らせ

自動車保険見積りで個人情報を入力しなくて良い会社は?

2017年04月12日

近頃、個人情報漏洩事件が見受けられて誰もが不安感に襲われる事態に陥ってしまという事件が発生しています。自動車保険の見積もりを行う場合でも、大概の保険見積もりを依頼する場合は個人に関する情報を入力していくことになります。

まだ契約していない段階で個人情報というのはちょっと問題だと考える人がいます。そこで、結論を急ぎます。個人情報を入力することなく見積りが出来るサイトは「イオン保険マーケット」、或いは「保険スクエアbang!」というサイトです。

これらのサイトは一括見積りが可能なサイトです。この方法ですと、誰もが安心するのではないでしょうか。安心感抜群は個人情報を入力するのはお断りではあるものの、見積りは大まかでいいし、見積りを全てみてみたいという人にとっては最適なことといえそう。

では、個人情報を入力せずにどのように見積りを行なうかの概略は以下の通りとなっています。

 

車に関する情報・・・年式、車種、装置類(安全装置、盗難防止装置)等

運転者に関する情報・・・年齢

補償内容に関する情報

 

通常の一括見積りに比べて、見積りが実に手軽にできるようになっています。ということは個人情報を細かく入力することなく、各保険会社における大体の保険料をみるのはこの方法で良いと考えます。イオン保険マーケットによる一括見積りは9社からとれることになりますので、比較的に手軽で行えることができるといえます。

見積りの提示の会社はソニー損保イーデザイン損保そんぽ24セゾン自動車火災SBI損保チューリッヒ東京海上火災アクサダイレクト損保三井ダイレクト損保9社に及びます。

ただ、ここで留意する点は殆ど個人情報を入力なしで見積りができる反面、依頼した後の勧誘がしつこい会社が現れてくる可能性があります。このしつこい勧誘を出来るだけ避けたいという人はこの方法をやめるべきであろう。あくまでも大雑把でいい人向きのやり方といえます。ついでに、これらの大雑把な方法ですと、注意しないといけないことはDMはがき、メール等での見積り案内提示、キャンペーンの誘いなどのような、いわゆる案内に身というターゲットにされてしまうことが基本的に発生します。これらを排除したい場合は「配信停止」を行なうことです。正確性を求めるのであれば、個人情報が必要とされる一括見積もりサイトを利用することです。


管理人おすすめの自動車保険比較サイトです

7.jpg

結局一番見積もれる会社で見積もった方が手間もスピードも速いと思います。 メールや郵送で金額が分かるから面倒なセールスもありません。  

 

→最大20社「インズウェブ」はこちら


ページの先頭へ

株式会社 INCOME