お知らせ 比較・評判・口コミ総合ランキングのサイト内の案内です。

 お知らせ

2018年の自動車保険会社の格付ランキング

2017年05月06日

格付ランキングといわれて、どんなランキングかをイメージされますか? ”格付”とは財務力がどの程度があるか否かの指標を示していると一般的にいわれています。

例えば、お金を借入する場合、金融機関では法人あるいは個人に対する何らかの格付を行っていて、その格付をもって融資するか否か、どの程度の融資を行なうか等を見ているのが通常であるといえます。

この場合の格付信用力といえそうです。格付には様々な要素がありますが、自動車保険会社における”格付”とは財務力であると定義できそうです。

もちろん信用力も含まれます。格付を行っている会社には、主としてスタンダード&プアーズ、格付投資情報センターの2社があります。因みに2017年11月末現在の両社の格付ランキングは以下の通りです。

 

自動車保険「スタンダード&プアーズ」における格付

*東京海上日動火災保険・・・A+

*三井住友海上火災保険・・・A+

*あいおいニッセイ同和損害保険・・・A+

*損害保険ジャパン日本興亜・・・A+

*Chubb損害保険・・・A+

*日立キャピタル損害保険・・・A-

*富士火災海上保険・・・A+

のような格付となりました。次に格付投資情報センターにおける格付は以下の通りです。

 

自動車保険「格付投資情報センター」における格付

*東京海上日動火災保険・・・AA+

*三井住友海上火災保険・・・AA

*あいおいニッセイ同和損害保険・・・AA

*損害保険ジャパン日本興亜・・・AA

2018年4月時点におけるタンダード&プアーズによる格付は以下の通りです。

*東京海上日動火災保険・・・A+

*三井住友海上火災保険・・・A+

*あいおいニッセイ同和損害保険・・・A+

*Chubb損害保険・・・A+

*セコム損害保険・・・A

*共栄火災海上保険・・・A-

*日新火災海上保険・・・NR(格付なし)

格付投資情報センターにおける格付は今現在未発表の状況です。次に、格付の定義は記述します。格付の最上位はAAA、最下位はCCとして表されます。上位格に近い格付+、下位格に近い格付-と表示します。

【格付表】

格付 説   明
AAA 信用力/財務力が最も高い
AA 信用力/財務力が非常に高い
A 信用力/財務力が高い
BBB 信用力/財務力が良いが、注意すべき点がある
BB 信用力/財務力には問題はないが、注意すべき点が結構ある
B 信用力/財務力に問題があり、注意すべき点が非常にある
CCC 信用力/財務力に大きな問題があり、債務不履行の危険性が孕んでいる
CC 債務不履行の危険性大いにある
D 債務不履行の状態にある

この格付を参考にしながら色々な記事に目を通すと何かがみえてくるかもしれません。


管理人おすすめの自動車保険比較サイトです

7.jpg

結局一番見積もれる会社で見積もった方が手間もスピードも速いと思います。 メールや郵送で金額が分かるから面倒なセールスもありません。  

 

→最大20社「インズウェブ」はこちら


ページの先頭へ

株式会社 INCOME