お知らせ 比較・評判・口コミ総合ランキングのサイト内の案内です。

 自動車保険のお知らせ

若い人向けのおすすめの安い自動車保険は?方法もご紹介!

2020年07月30日
20代の事故率から自動車保険が非常に高いのはみんな知っているとは思いますが若い世代でも安いおすすめの自動車保険はどこのなのでしょうか?
 

若い世代でも安い自動車保険は?

安くなるための方法などは下記で説明するとして一番知りたい若い人でも安い自動車保険会社から説明していきます。
若い人は冒頭でもいったように保険料が非常に高いです。
その理由として等級が一番低いのが一番大きな理由でしょう。
等級というのは信用度のようなもので事故を起こさなければ一年に一度上がっていきそれに伴い保険料も安くなるという仕組みです。ですから数年かからない事には上がることがはありません。
 
6等級や7等級からスタートというのはどの自動車保険も同様の考えです。
 
ではどうするのか?
 
もともと安い自動車保険に入る!という事です。
それが分かっていたら苦労しないと思うかもしれませんがこんなカラクリがあるのです。
 
まず言いたいのは通販型をおすすめしますという事。
ご存知の方も多いですが通販型は無駄な書類、人件費が削減されているので通常の代理店型よりかなり安いです。
 
例えば「ホンダフィット」の場合
A代理店 126,000円 → A通販型 64,900円
 
と半分近くも格安になります。
代理店型が若い人は6等級から始まる方も多いので年間126,000円からスタートです。
 
そもそも通販型というのはどこの会社でどんなデメリットがあるのか?
 
通販型の自動車保険はイーデザイン損保、SBI損保、アクサダイレクトなど他にもたくさんあります。
自分で調べたい人は一括見積りなどをすると楽ですよ。→おすすめの一括見積サイト
20社の自動車保険会社から一番安い会社を選べます。無料、ネットで瞬時に金額確認可能です。
見積もりをしたくないという人はこちらで安い自動車保険ランキングも紹介しています。
 
デメリットですが実はこれがほとんどないんですよね。事故を起こした時に通販型だと対応が見えないから怖いというのが実は一般的なマイナス面。
しかしよく考えて見たらわかります。
代理店型も事故時には来てくれないし電話するしかないのです。
通販型も同じ事です。電話するだけです。
 
新規契約、更新契約もほとんど郵送契約だというだけで代理店も郵送契約がありますのでほとんど変わりません。中にはその代理店まで行って契約する人もいますしできることもありますが逆に面倒くさいから郵送という人もいますよね。
そうなってくると何も変わらないのかもしれません。
 

若い世代の方の自動車保険を安くする方法 (番外編)

 
ここではどの自動車保険でも活用できる可能性が高い内容です。通販型と合わせて行っても良いですしどうしても代理店型という方は一読することをおすすめします。
 
★同居親族から等級をもらう!
これは親の等級もらうという事です。親から子へ名義変更できるので等級が高く保険料が安くなる状態で受け継げます。ただ親の等級を名義変更する場合、親との同居が条件という事もあるので注意。
ちなみに配偶者(妻や夫)の名義変更は同居問わず名義変更できます。
 
★運転者限定にする
自分しか運転しない補償にすると安くなります。
 
★車両保険を外す
車両保険の金額を分からず一応契約してしまう人もいますがイメージとして保険料が倍近くになると考えた方が良いです。基本的に車両保険を外しても自分に非がある時に自分の車が直せないというだけなので他人の車に関しては迷惑がかかりません。保険料がちゃんと支払れます。
よく考えて見ると3万円高くなれば年間に36万、2年で72万ですので安い車なら優に買えます。
若い人は特に高い車に乗るという方は少ないのでそういった意味で車両保険に加入しないという人もいます。

管理人おすすめの自動車保険比較サイトです

7.jpg

結局一番見積もれる会社で見積もった方が手間もスピードも速いと思います。 メールや郵送で金額が分かるから面倒なセールスもありません。  

 

→最大20社「インズウェブ」はこちら


人気ブログランキングへ

№1自動車保険比較一括サイト!無料で同時に20社見積もれて金額がすぐに分かる!

インズウェブ自動車保険一括見積もり


株式会社INCOME
自動車保険、どこの会社が合っているのか分からないという方!INCOMEで比較・評判・口コミを見て自動車保険の不安や疑問を解消しませんか?ジャンルごとの比較ランキング整理整頓され必要な情報をわかりやすくしております。



人気ブログランキングへ

ページの先頭へ

株式会社 INCOME