お知らせ 比較・評判・口コミ総合ランキングのサイト内の案内です。

 自動車保険のお知らせ

自動車保険 理解できない人のための簡単説明!

2020年08月01日

自動車保険というのはどのような仕組みになっているのかものすごく簡単に説明します。

まず自動車保険というのはなんのためにあるのか?

車の事故を起こしてしまった場合相手から巨額の請求金額があります。

自動車保険に入っておくとそれを全部払ってくれるというものです。

全部というのは細かく言うと語弊があるのかもしれませんが基本的にそういう事だろうと思って頂ければ良いと思います。

この「相手から巨額の請求金額」というのが簡単に聞くとそんなのわかっているし理解できていると思いますが実はそこが味噌です。

相手が事故を起こした場合は相手の保険から支払ってもらえますので自分が払う側になった時のみ相手に補償するものという事ですね。

 

しかし相手に補償と書いてありますが自分はどうなのでしょう。

自分が悪い場合自分には補償されないのか・・

はい、そういう事になります。

それは恐ろしいと思った方は続きへ

 

自分が悪い場合の自動車保険補償を特約でクリアに!

今は基本補償として付けている保険会社もいますがこれは理解していなかったでは後で後悔しますので今一度確認しておきましょう。 だからこの特約を付ける人が多いのです。

 

自分が怪我した時

自賠責や任意保険の単独事故保険などもありますが基本的に2、30万程度の補償しかない。電柱に激突など相手がいない事故で自分が大怪我をしてしまった際は1%も相手の保険から補償されないのでとても怖い。

ですから「人身傷害補償特約」というのがあるのです。これならば自分に過失がある事故でケガをした場合も手圧い補償がつく。だからこの特約を付ける人が多いのだ。

 

自分の後ろ、隣に乗っていた人を怪我させてしまった

自分が悪い場合の事故でもこれもまた特約という事で解消できる。

特約の名前は「搭乗者傷害保険」である。読んで字のごとくであるが簡単に乗っていた人の補償も付けてあげるものと認識すればよいだろう。

 

自分の車が壊れた

人に聞くと自分の車を保険で直したという人がいるので特に保険に入っていればみんな補償されると勘違いしている人はいるがこれは有名な「車両保険」というものに入らなければ補償されないのだ。上記二つの特約と違い気楽に入れば良いというものではなく保険料は車両保険入るとかなり跳ね上がるので注意。

あまり高い車に乗っていない人は物なので諦めるだけで解決する事ですし入らない人もまあまあ多いです。

 

自損事故保険

これは搭乗者や自分の補償もしてくれる自損事故限定の特約です。搭乗者と自身の怪我の二つも補償してくれるのでなんてよい特約なのだろうかと思います。しかし車両保険に入っている人のみという保険会社も多々というよりほとんどなので注意。

 

自動車保険を理解できない人のためのまとめ

 

自動車保険自体は相手への保険を払うもと考えるだけで理解できましたね。ただ特約を付けるあたりから複雑なイメージになりますが上記の特約だけは覚えておけば充分でしょう。

他に有名な特約ば事故で法的な問題になった時の「弁護士特約」や相手が保険に入っていなかった場合の「無保険者特約」などです。

これも中々使える特約ですね。基本補償として付けている保険会社もあるのでそれらを確認しながら探すのも面白いですね。

 

 

 

 


管理人おすすめの自動車保険比較サイトです

7.jpg

結局一番見積もれる会社で見積もった方が手間もスピードも速いと思います。 メールや郵送で金額が分かるから面倒なセールスもありません。  

 

→最大20社「インズウェブ」はこちら


人気ブログランキングへ

№1自動車保険比較一括サイト!無料で同時に20社見積もれて金額がすぐに分かる!

インズウェブ自動車保険一括見積もり


株式会社INCOME
自動車保険、どこの会社が合っているのか分からないという方!INCOMEで比較・評判・口コミを見て自動車保険の不安や疑問を解消しませんか?ジャンルごとの比較ランキング整理整頓され必要な情報をわかりやすくしております。



人気ブログランキングへ

ページの先頭へ

株式会社 INCOME