静岡県の自動車保険はロードサービスをズバリ重視すべし!

静岡県は横に長く、走行する車両の数が多い東名高速道路、国道1号が最も長く走る県です。そのため県内の車だけでなく県外の車と事故を起こすケースも多々あります。 山を越えるため東名高速道路の事故多発スポットもあり、山間部と平野部の気温差も激しいため道路の凍結などで立ち往生する車も多数います。

御殿場付近はJAFの出動回数が多いエリアでもあります。 自動車保険にもロードサービスがあり、保険会社によってロードサービスの詳細が全然違うので加入するときは重視しましょう。JAFと自動車保険は補償内容が重なる部分があるので、別に入らず自動車保険でケアするケースも増えています。  

 

自動車保険によってレッカーしてくれる距離が大きく違う

生活圏内で事故が起きてレッカーすることもあれば、旅行の道中で事故が起きてレッカーすることもあります。事故を起こして走行不能となった車はレッカーすることになりますが、レッカーしてくれる距離には制限があります(修理を保険会社(協力会社)の指定工場で行えばレッカー距離が無制限になることもある)。

静岡県は国道1号および国道246号沿いに多くの人が暮らしており、郊外に行くと何もなくなってしまいます。富士山に行こうと思って車が故障すると修理してくれる工場まで20~30キロの距離があることもあります。静岡県の自動車保険はレッカー距離の長い自動車保険にしましょう(JAFは15キロ)。

 

rekka-.PNG

 

 

自動車保険によって車両トラブルの対応が違う

車両トラブルにはいくつかありますが、自動車保険によって対応可否が異なります。

syukuhaku.PNG

 

 

遠方での事故での宿泊・帰宅費用への対応

自動車保険によって対応内容が異なります。

batte-.PNG

タイトルとURLをコピーしました