三重県の自動車保険はもらい事故に備えて弁護士特約付き

三重県人の自動車保険!三重県の人だけの特性で特約を検証。伊勢神宮がある三重県は「お伊勢参り」で昔から全国各地の人が集まってきました。そのため三重県は何かに飛び出た県民性がなく、全体的に「ほどほど」という日本の平均値的な性格となっています。何よりも大切なのは商売!そのため愛想さえよければ他は迷惑かけない程度、ほどほどで良いというのが三重県民です。

三重県民は無欲でのんびりとした性格ですが、神様のおひざ元として「嘘ついてはダメ(罰が当たるから)」という教育が根強くあるため、ウソは大嫌いです。

 

三重県民におすすめの自動車保険

 

三重県民にオススメなほどほどの補償内容は以下の通りです(参考です)。相手に迷惑をかけてはいけないという前提となっています。

  • 対人賠償:無制限
  • 対物賠償:無制限(3000万円でも保険料は同程度なので無制限を選択)
  • 人身傷害:3000万円(車内事故のみ補償でよい)
  • 搭乗者傷害なし
  • 車両保険はつける
  • 弁護士特約つける
  • 対物超過修理費用特約つける

交通事故を起こすと「自分は悪くない」という気持ちからつい嘘をついてしまうケースがあります。嘘をついてはいけないと思う三重県民が正直に保険会社に報告し、先方が嘘をつくと賠償責任が重し圧し掛かることになります。内容に納得がいかない場合は示談が破断となり、裁判となります。

裁判となったら相手の保険会社もしくは保険会社が雇った弁護士と交渉する必要があるので、こちらも弁護士を雇うことになります。正直者がバカを見るとは言いたくありませんが、損をしなくて済むように予防策は講じておくべきなのが残念ながら現代なのです。

gg.PNG

タイトルとURLをコピーしました