お知らせ 比較・評判・口コミ総合ランキングのサイト内の案内です。

 お知らせ

ソルベンシーマージン比率の意味は?

2017年04月20日

ソルベンシーマージン比率とは企業がどれだけ安定しているかを見る目安のようなものです。

金融庁が保険業法で取り決めているものです。

 

多くの事故が相次いで起きた場合など、保険会社はどれだけの金額の対応ができるかを示した余力と言ったところでしょう。

地震など大規模な災害があった場合はソルベンシーマージンが高いと安心ですね。

 

ソルベンシーマージン比率=支払い余力

 

ということですね。

この比率は200%以上であれば良いとされていますが、1000%を超える企業があるので200%ではややインパクトに弱いでしょう。自動車保険会社もこのソルベンシーマージン比率がありますので確認しておきましょう。

 

ここで注意!

まだ設立間もない会社などは保証という面ではまだ動いていないのでやはり高めになっています。

また災害などがあった時にソルベンシーが低くなっていなければ逆にあまり保証してくれないのではという判断もできるでしょう。ただ高いという事だけに囚われないようにしましょう。

 

 

 


管理人おすすめの自動車保険比較サイトです

7.jpg

結局一番見積もれる会社で見積もった方が手間もスピードも速いと思います。 メールや郵送で金額が分かるから面倒なセールスもありません。  

 

→最大20社「インズウェブ」はこちら


人気ブログランキングへ

№1自動車保険比較一括サイト!無料で同時に20社見積もれて金額がすぐに分かる!

インズウェブ自動車保険一括見積もり


株式会社INCOME
自動車保険、どこの会社が合っているのか分からないという方!INCOMEで比較・評判・口コミを見て自動車保険の不安や疑問を解消しませんか?ジャンルごとの比較ランキング整理整頓され必要な情報をわかりやすくしております。



人気ブログランキングへ

ページの先頭へ

株式会社 INCOME