お知らせ 比較・評判・口コミ総合ランキングのサイト内の案内です。

 お知らせ

自動車保険注意点!気をつけるべき事は?

2017年12月15日

自動車保険を契約する前に注意して置かなければいけない事があります。

 

1.対人対物を見て
対人賠償が無制限という会社はあるが対物はいくらいくらと設定されている場合があります。
契約する保険会社の対物を見ておきましょう。
対物は相手の車を壊した場合に支払われるので対物も無制限が良いがそうでない会社もちらほらあります。

 

2.支払い方を見よ
保険料の支払はいちいち振り込みだと面倒だという方もいます。
各社によって支払方は違います。
コンビニ払いの自動車保険会社はたくさんありますが口座引き落としの会社はあまりありません。
忘れっぽい人は可能な会社を選んだ方がよいのですが意外と出来る会社は少ないですよ。
口座引き落とし可能な保険会社参考⇒ チューリッヒ、損保ジャパン日本興亜

 

3.インターネット割引はあるの
通常電話で申し込んだらもらえないインターネット割引!同じ自動車保険会社に申し込んで保険料1年分から1万円も割引になる事がありますのでこれも確認しておきましょう。
(ネット割引参考会社)
イーデザイン損保1万円
アクサダイレクト1万円
ソニー損保8000円、継続2000円
おとなの自動車保険1万円
SBI損保5,500円

 

4.2台目の自動車保険を契約する場合
1台目の自動車保険では割引がなかったが2台目から割引がある自動車保険会社があります。
2台目以降の割引を行っている自動車保険会社
⇒ソニー損保、損保ジャパン日本興亜、チューリッヒ、おとなの自動車保険(セゾン自動車)、三井ダイレクト、SBI損保など

 

5.自分の年齢をチェック
ほとんどの会社に年齢による割引があるのですが区分が各社異なります。区分によって年齢割引があるのか確かめておきましょう。ちなみにおとなの自動車保険は区分が多いので年齢が40歳以上であればおすすめです。

 

6.車両保険の面積を注意せよ。
車両保険お面積は自動車保険によって違います。
1回目は事故はすべて補償されるが2回目は全然補償しないという会社もあります。

 

7.年間走行距離を偽ったら
年間走行距離は距離によって保険料を安くするサービスであるがこれを偽った場合、事故時に保険料がもらえないという事態になるといいます。
多くなった場合は後からでも全然言えば大丈夫ですので事故になる前に追加分は早めに申告しておきましょう。


管理人おすすめの自動車保険比較サイトです

7.jpg

結局一番見積もれる会社で見積もった方が手間もスピードも速いと思います。 メールや郵送で金額が分かるから面倒なセールスもありません。  

 

→最大20社「インズウェブ」はこちら


人気ブログランキングへ

№1自動車保険比較一括サイト!無料で同時に20社見積もれて金額がすぐに分かる!

インズウェブ自動車保険一括見積もり


株式会社INCOME
自動車保険、どこの会社が合っているのか分からないという方!INCOMEで比較・評判・口コミを見て自動車保険の不安や疑問を解消しませんか?ジャンルごとの比較ランキング整理整頓され必要な情報をわかりやすくしております。



人気ブログランキングへ

ページの先頭へ

株式会社 INCOME