お知らせ 比較・評判・口コミ総合ランキングのサイト内の案内です。

 お知らせ

千葉県の自動車保険は交渉の丁寧な保険会社がおすすめ

2017年12月05日

千葉県で自動車保険を選ぶにはどういう観点から考えれば良いか?千葉県について県民性を調べると「おおらか」という結果になります。そのため交通事故が起きると「自分も悪かったし」と事故の処理(保険会社への説明)が得意でない人が多いそうです。そんな千葉県の人には交渉が得意な国内損保をおすすめします。

また千葉県は全国的に有名なアミューズメントパークがある県であり、遠方から来たという人も多いです。そのため県内在住者同士の事故と同等に他県の人と事故を起こすケースも比較的多いです。

被害者や加害者が遠方に居住している時、事故の取り扱いは全て保険会社任せになってしまうので、丁寧な対応をしてくれる保険会社の担当者を選びましょう。国内損保ならば一定レベル以上の人が担当してくれますが、フィーリングが合うか否かは担当者と直接話して解ることです(ネット保険の場合は担当者の人柄は分かりにくい)。

 

「あやまったら負け」という風潮があっても悪いときは悪い

「交通事故を起こしたときにまず謝ってはいけない」

こんな文言を聞いたことはありませんか?双方納得していない状態で謝ると自分の非を認め、過失割合の交渉が不利になるといわれています。これについては「欧米か!」と言わざるをえません。

 

互いに過失があった場合に謝ったらいけないのは裁判での沙汰が日常的なアメリカでの話で、日本人はとかく「悪くなくても謝ってしまう」というところがあります(「すみません」がデフォルト的な)。事故を起こしたら相手も悪いけど自分も悪い、相手が怪我をしたなら謝らなくてはと思うのが日本人です。

 

特に過失割合が10:0で自分が100%悪いときは、「交渉は保険会社に任せている」ではなく自分の謝罪の姿勢を見せるべきです。自分が悪いのに「悪くない」という態度は相手に不快な思いをさせ、さらに保険会社のロジカルな判定によって示談金が提示されたら「何だそれは!!」と怒らせてしまうでしょう。実際に謝罪の態度がなっていなくて交渉決裂、裁判になった例は少なからずあります。

 

いくらインターナショナル化しているといっても、日本人の心に寄り添えるのはやはり日本人です(国籍うんぬんではなく、日本で生まれ育ったという意味での”日本人”です)。アメリカンな保険会社よりも国内損保を選びましょう。

 

 

示談交渉は国内損保の事故担当者が上手い

示談交渉で双方の言い分が合致しないと裁判です。裁判になると弁護士を雇ったりする必要があり、事故の処理に高額の費用があります。最近では高齢者との事故の処理で納得がいかず、裁判まで行くケースも増えています。裁判になった場合、かかった弁護士費用などを補償してくれる特約がある自動車保険も増えています。

 

しかし事故の処理は納得が一番大事ですが、できるだけ示談交渉で片を付けたいというのが本音だと思います(裁判になるとお金だけでなく時間もかかる)。それが「不快な思いをした」という理由で交渉決裂になったら、結果として双方にとって痛手となります。

 

示談交渉は保険会社によって能力差があります。正確には事故処理担当者個々の能力なのですが、会社として相手との交渉の仕方がことなり、マニュアルの精度の差もあることから示談交渉力の差は会社単位で発生します。保険会社で比較的示談交渉に強いのは日本国内に本社がある保険会社(特に損保)です。

 

千葉県民におすすめの自動車保険

自動車保険に加入するときは安い保険会社を選びたくなりますが、示談交渉力で選択するのも将来のリスクへの備えとしてっ大切です。示談交渉力の強弱はスタッフの個々の能力によるものありますが、全体的に国内損保ならば一定以上の示談交渉力を持っています(不満がある場合は事故担当者を変更することも可能)。一方でダイレクト系の自動車保険の交渉力は国内損保に劣る光景があります。

 

100%自分が悪い事故を起こしたなど、相手に対して謝罪をしたいというときは事故担当者に相談しましょう(国内損保はこのような相談にも慣れています)。被害者へのお見舞いへは次のポイントを守るようにしましょう。詫び状を書くように勧められるケースもあります(東京海上日動など歴史ある保険会社はその傾向が強い)。

 

交通事故被害者への見舞いの鉄則

・お見舞いに持参する品は花が無難

・見舞いと交渉は別なので現金をその場で渡してはいけない

・面会時間は5分が目安

・見舞いにいっても詫び状は送る

 

被害者への対応は常に保険の事故担当者に相談して下さい。「こうされて嫌な気持ちにならないだろう」と事態に慣れていない人が勝手な行動をするとえてしてマイナスに作用するものです。また対応上手な代理店型の自動車保険であってもお互いの話がスムーズに勧められない場合もあります。

スムーズに行かない時はどうしても裁判という形になるので、弁護士特約がよいと評判の国内損保がおすすめです。

 

ga.PNG


管理人おすすめの自動車保険比較サイトです

7.jpg

結局一番見積もれる会社で見積もった方が手間もスピードも速いと思います。 メールや郵送で金額が分かるから面倒なセールスもありません。  

 

→最大20社「インズウェブ」はこちら


人気ブログランキングへ

№1自動車保険比較一括サイト!無料で同時に20社見積もれて金額がすぐに分かる!

インズウェブ自動車保険一括見積もり


株式会社INCOME
自動車保険、どこの会社が合っているのか分からないという方!INCOMEで比較・評判・口コミを見て自動車保険の不安や疑問を解消しませんか?ジャンルごとの比較ランキング整理整頓され必要な情報をわかりやすくしております。



人気ブログランキングへ

ページの先頭へ

株式会社 INCOME