お知らせ 比較・評判・口コミ総合ランキングのサイト内の案内です。

 お知らせ

車の所有者と使用者が違うので注意!

2017年05月20日

所有者と使用者の違いについて説明します。 まず簡単に考えてみましょう。

 

所有者;車を持っている人

使用者:車を実際に使う人

 

この違いがまず簡単に思いつきます。

なぜこのような状況になるのか?

 

所有者と使用者が異なるケース

 

それは車を購入する時に考えられます。

ローンで車を購入する時は所有者がお金を借りたローン会社などになっています。 そして実際に使用するのがローンを申し込んだ本人となります。

ローンをお願いしただけだと思い自分が所有者だと思っていたら実は信販会社になっているという事もざらでしょう。

 

使用者:自分

所有者:信販会社(ローン借入先

 

ローンの支払いが終われば当然自分に所有者が移動するのですが支払い中はこのような形になる事が多いでしょう。

ただしローンを支払ったらすぐさま自分が所有者になるわけではありません。 必ずローンの所有者の解除の書類で手続きをしなければいけません。

またよく聞かれる質問としては車検や税金は誰が払うの? という事です。

このような形であっても残念ながら車の税金や車検のお金は使用者が大抵払うようになっています。

またローンの途中で売却をしようとしてもそれは自分の物ではないのでローン借入先に相談し承諾をもらわなければいけません。 用はまだ自分のものになっていないということですね。

またこのようなケースもあります。

子供の車を親が購入した時。 当然親が所有者で使用者も親となっています。

自動車保険の場合、親が使用者であっても子供も保険が効く会社も多いのでそうしている方が多いと思います。

 

使用者:親

所有者:親

 

その場合、子供の年齢条件に合わせた契約をしないと行けないので注意が必要です。 このような形ですと税金や車検は親が支払い、売却時も親の権限で行う事となります。


管理人おすすめの自動車保険比較サイトです

7.jpg

結局一番見積もれる会社で見積もった方が手間もスピードも速いと思います。 メールや郵送で金額が分かるから面倒なセールスもありません。  

 

→最大20社「インズウェブ」はこちら


人気ブログランキングへ

№1自動車保険比較一括サイト!無料で同時に20社見積もれて金額がすぐに分かる!

インズウェブ自動車保険一括見積もり


株式会社INCOME
自動車保険、どこの会社が合っているのか分からないという方!INCOMEで比較・評判・口コミを見て自動車保険の不安や疑問を解消しませんか?ジャンルごとの比較ランキング整理整頓され必要な情報をわかりやすくしております。



人気ブログランキングへ

ページの先頭へ

株式会社 INCOME