お知らせ 比較・評判・口コミ総合ランキングのサイト内の案内です。

 お知らせ

英語対応可の自動車保険会社とその評判

2020年12月23日

今やグローバル化の進展により、日本にある自動車保険会社は国籍は問わずに加入することが出来るのがほとんどです。ですが、日本の自動車保険会社に於いては下記のような制約があるのが実情です。

 

【制約条件】

日本語のみの対応となるため、言葉を理解するリテラシー及び語学力が必要

補償内容に関して、自分が思っていたことと違うことが起きてトラブルになるケースがあること。

 

あくまでも基本は日本語ベースであることです。日本語への理解がまだまだの人に対する英語でのケアと対応は日本の自動車保険会社においてもまちまちであるといえます。一言で括ることは到底不可能に近いといえます。そういう意味ではハードルが極めて高い。

 

保険加入において、申込から契約に至るまで、万が一の事故を起こした場合の保険金支払手続きは全てに亘って日本語がベースとなります。

 

最大の難所は保険に関する約款にあります。

難解な日本語は多いことです。日本人でも正確に理解することに難しい。英語で対応することは非常な困難を伴うことは間違いなさそうです。

逆を想定すると理解しやすいと思います。例えば、銀行口座を開設した人は比較的に円滑に理解することができます。外国人であっても、日本における銀行口座は開設することができます。

しかしながら、これらは全てに亘って日本後で話が進んでいきます。日本語に不自由する場合はそばに日本語の分かる人にアテンドしてもらってコトを進めるとスムースにいくと考えられます。自動車保険においても同様なことがいえます。

これらのことを総合的に勘案しますと、代理店系よりもダイレクト系の自動車保険の方が比較的に適合しているといえます。

 

セゾン自動車火災保険、SBI損保、ソニー損保、チューリッヒ、アクサダイレクト、イーデザイン損保、三井ダイレクトの7社が評判よろしいようです。

ダイレクト系ではインターネット、コールセンター、書面等といった様々な方法手続きから選択することが出来ることが大きな要因になっていると考えられます。

 

日本語の不安は、車に乗る度合い等がありますが、レンタカーがすべての問題を解決します。

 

レンタカーは自動車保険に加入していることから、任意保険等に新たに加入する必要性がありません。また、レンタカーの場合は英語でも対応することができますので、安心して運転することができます。どうしてもマイカーを運転したい人は日本の保険に加入することが必要になってきます。


管理人おすすめの自動車保険比較サイトです

7.jpg

結局一番見積もれる会社で見積もった方が手間もスピードも速いと思います。 メールや郵送で金額が分かるから面倒なセールスもありません。  

 

→最大20社「インズウェブ」はこちら


№1自動車保険比較一括サイト!無料で同時に20社見積もれて金額がすぐに分かる!

インズウェブ自動車保険一括見積もり



株式会社INCOME
自動車保険、どこの会社が合っているのか分からないという方!INCOMEで比較・評判・口コミを見て自動車保険の不安や疑問を解消しませんか?ジャンルごとの比較ランキング整理整頓され必要な情報をわかりやすくしております。



人気ブログランキングへ

ページの先頭へ

株式会社 INCOME