自動車保険 新規 激安な会社はここ!わかりきった事だ

その他自動車保険関連

自動車保険をなるべく安く済ませようと思うのは当然の事です。

まったくもって補償は最小限度で良いので保険料だけを安くと考えている人もいると思います。

現在の自動車保険業界は最低限度の補償はどこにでもあるものです。

ですから安さだけに特化した方でしたらとくにかく激安の自動車保険さえ探せばそこが一番だと思います。

一般的に激安とされる人気の自動車保険会社は?

まずは様々な満足度調査で激安とされる自動車保険会社を見て行こう。

数万人規模の調査で安い保険会社はと聞かれた場合みなさん「通販型」答える。

それは結構皆さん知っている事だがその中でまた安いとされる自動車保険はと聞かれたら、

SBI損保、セゾン(おとなの自動車保険)、ソニー損保、イーデザイン、アクサダイレクトの何れかになるだろう。

ちなみに代理店型で激安を探したいという人はAIG損保やあいおいニッセイがおすすめです。

通販型の話に戻りますがこの5社まで安い保険会社が搾れたわけだがここから激安を探していく形になるがどこも内容によって順位が入れ替わるのでなんとも言えないというのが正直なところであろう。

ですから現在はっきりしている事で解説していこう。次の見出しへ!

自動車保険 新規でも激安になる割引がある!

こういった激安で済ませたいと思っている人にアドバイスするとしたら「各社の割引」に注視した方が良いと答えます。

それもそのはず新規契約を対象とした割引が1万円以上安くなるプランを出している保険会社があるからです。

その結果、どこよりも激安になるはずだ。

例えばこの表を見て見よう。これはインターネット割引だ。

SBI損保などは新規の人には最大で12,000円安くなるとしている。

(2022年調べ最新)
おとなの自動車保険 新規契約13,000円に増大
SBI損保 新規契約12,500円に増大 継続10,000円
アクサダイレクト 新規契約最大20,000円 継続最大20,000円

※アクサネット割引で騙されていけないのは最大という表記です。それは9万円以上の方のみで5万以下は13,000以下のネット割引です。保険料によって変わるという事です。

先程の激安5社にもエントリーしている会社である。

尚且つこの割引はかなり最激安自動車保険となる可能性が高い。

結論を申しますと先程の激安エントリー会社5社のネット割引を見て行けばそこが新規で一番安い可能性が高い。

SBI損保が12,500円
アクサダイレクトが最大20,000円
イーデザインが10,000円
ソニー損保が10,000円
おとなの自動車保険が13,000円

の割引です。

どこも高額な割引を適用しているが数年はいる事も想定して更新後のネット割引も見て置いた方が良いだろう。

ソニーやイーデザイン、アクサなんかも1年後はたったの2,000円割引です。

なんだかんだで数年加入する人が多い自動車保険ですから目先の金額で騙されないように更新後も見てから検討してみましょう。

また内容的にゴールド免許割引などの人もいます。

保険会社によってその%は異なりますのでそこも大きな差額を生みます。

ゴールド免許の人はこちらで詳しく解説しています。⇒ゴールド免許割引の差額について

ここまで説明したので安い保険会社は特定できたと思いますが「車種、年齢、内容によって」激安の自動車保険が個々に異なりますので後は一括見積りで金額を確かめて見てください。

下記のバナーをクリック、全部無料ですぐ保険料が算出されます。

ご参考に!

タイトルとURLをコピーしました